top of page
parts_アートボード 1.png
parts-02.png
parts6.png

たとえば、逆上がりを教材として考えてみると、みんなに同じような指導方法を説明しても、なかなかできない子どもがいます。 それは、なぜ? 子どもは「ぼくができるようになるコツを教えてほしい」 そう願っているのではないでしょうか。

運動には、一人ひとりがこれまで行ってきた運動経験にあった「オーダーメイドのコツ」が重要です。

​ポイントは、

  • 指導者がどんな運動か(運動構造)を知ること

みやもっち34p.jpg
  • 子どもがやってみたいと思える動機を見つけること

みやもっち57p.jpg

サーフボードケースをクジラにみたて、みんなで乗りこんで、冒険に出発だ!

いつものあそびから、その運動に似ている動きを組み合わせ、子どもの「これならできそう」につなげます。新たに身につけようとする運動課題と、今もっている力で楽しめるあそびを融合しストーリー性をもたせた「みやもっち体育プログラム」。

友だち、先生、親ごさん、みんなで楽しく身体を動かそう!

とりあげている運動は12項目

  1. 前回りおり:ワクワクモンキーパーク

  2. 逆上がり:おさるのクルリンパ

  3. マット運動(前転):人間に進化しよう

  4. 跳び箱あそび:動物森の冒険

  5. 長なわ跳び:海賊の島で波あそび

  6. 短なわ跳び:忍者しゅりけん丸参上

  7. プール:進めはらぺこクジラ

  8. マストのぼり:ジャックと豆の木の冒険

  9. 竹馬:竹馬魔法使い

  10. ボールあそび:モンスターボール宅急便

  11. 投運動:モンスターをやっつけろ

  12. キッズテニス:きみもエースだ!

みやもっち体育

子どものやってみたい!を育てる

みやもっち体育

宮本忠男/著

B5判・96ページ オールカラー
​定価:1980円(税込)

宮本  忠男(みやもと ただお)PROFILE

  • 1964年高知県四万十市生まれ、土佐清水市在住

  • 中京大学体育学部体育学科卒業

  • 高知県教育委員会高等学校講師、学校法人しみず幼稚園職員、高知県教育委員会スポーツ健康課「あそびを通して健康づくり事業」講師

  • 現在、学校法人宮地学園講師、YONEXオピニオンリーダー