top of page

小林隆司・鈴木愛子・糸山智栄・山西葉子・八重樫貴之・山口清明/著

 

A5判・160ページ

ISBN978-4-87498-800-8

そこが知りたい学童保育ブックレット6

2022年5月発行

高文研

 

学童保育利用の児童は約130万人。
子どもの数は減るなか、20年で4倍以上になりました。

働く親、子どもの成長に大事な放課後の時間を学童保育は支え、目立たないけど大きな存在です。

 

その学童保育の現場に作業療法士が加わり、「子どもへの対応の幅が広がった」、「余裕ができた」、「チームでの関りがおもしろくなった」という声が広がり、今全国で学童保育と作業療法士との活動が報告されています。
本書は、前書『学童保育に作業療法士がやって来た』以降5年間の全国での取り組みの広がり、行政に働きかけての施策化の動きを紹介します。学童保育×作業療法士は、こんなに豊かに子どもの生活を作ります!

 

〈もくじ〉

第1章 学童保育に作業療法士がやってきた 
    連携の思い
  1 「学童保育×作業療法」の始まり
  2 「学童保育×作業療法」の発展
  3 地域ではぐくむ

Ⅱ章 作業療法コンサルの実際

Ⅲ章 各地で進むコラボレーションと施策化
   岡山県でのチャレンジと施策化

Ⅳ章 作業療法のまちで暮らしたい!
   親愛なる作業療法士のみなさんへ  
   作業療法進化論

Ⅴ章 学童保育を知ってください
   激動期の続く学童保育

日本全国続々と学童保育に作業療法士がやって来た送サ

¥1,650価格

    商品一覧